界面・コロイド化学とは

界面・コロイド化学──聞きなれない言葉かもしれませんが、実は日々の暮らしに身近なものです。
例えば、からだを清潔にする、身だしなみを整える、料理を美味しくする、衣類を洗う、薬を飲むなどなど…、いずれも界面・コロイド化学が関係しています。
日光ケミカルズは、この界面・コロイド化学の研究と、高品質な界面活性剤の製造を通して、より快適な暮らしや社会づくりに大きく貢献しています。

界面・コロイド化学と界面活性剤

界面とは、物質と物質が接する境目のことです。界面・コロイド化学は、この境目で起こる現象を取り扱う化学の一分野です。
例えば、水と油をコップに入れても分離し、混ざり合いません。しかし、スキンケアに使用する乳液、サラダにかけるマヨネーズ、キズに塗る軟膏など、私たちのまわりには、水と油がうまく混ざり合ったものがたくさん存在します。これらの製品で水と油が混ざり合っているのは、界面活性剤が水と油の境目の性質、つまり界面の性質を通常の状態から変化させているからなのです。

この他にも、界面活性剤は衣類についた汚れを剥がしたり、消火器やホイップクリームのように水を泡立たせやすくしたり、物の表面を滑りやすくしたりなど、さまざまな機能を持っています。

界面活性剤が使われている製品例

日常生活の中で界面活性剤の存在に気がつくことはほとんどありませんが、私たちの暮らしや社会に欠かせない製品です。

界面・コロイド化学とは

  • 日光ケミカルズとは
  • 製品一覧
  • 界面・コロイド化学とは
  • ニッコールグループ
  • 環境への取り組み
界面・コロイド化学領域のビジネス支援サイト<ケミナビ>へ
▲ページTOPへ