Nikkol group NEWS LETTER

 

世界のラボではここまでできる!

成長する機能性化粧品市場


国内における機能性化粧品は、成長の一途であり、例えばその代表格であるアンチエイジング関連は、2015年に6,272億円(富士経済調べ)に達しています。今後ますます高齢化社会になっていく中で、アンチエイジングなどの機能性化粧品市場は、拡大していく市場の一つではないでしょうか。

機能性化粧品等を支える評価試験


効能効果評価についても、ヒトに対する試験のほか、動物代替法を使用して試験が実施されています。動物代替法としては、3次元皮膚モデルを使った評価をはじめ、さまざまな試験が実施されており、今後発売される多くの機能性化粧品の開発に利用されています。

国内での評価系の例


国内での評価系の例

一方海外での評価の例に目を向けると日本とはかなり違った評価試験系があります。特にヒト皮膚組織を用いた評価であるex-vivoは、ヒトへの臨床試験をする前の予備試験として有効です。 

海外と日本の比較

海外と日本の比較

海外ラボで自ら実験したい方へ


ニッコール グループ ニコダームリサーチは、フランスに評価ラボを開設しました。フランスでは実施可能なex-vivo試験をニコダームフランスのラボを使い、お客様自ら体験することが可能です。
日本では馴染みのない試験ですが、日本にいる専門スタッフ(ニコダームリサーチ)が、お客様のご希望をお聞きし、ベストな試験系をご提案することが可能です。是非一度、ニコダームリサーチへお問い合わせください。

その他実験できる評価系


ex-vivoの他、画像技術を使用した最先端の販売促進用データなどもありますが、そちらのご紹介はまたの機会に。
販促ツールに役立てる評価系にご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください。

いいね!
▲ページTOPへ