日光ケミカルズとは

OUR RESPONSE

「あらゆる社会生活の面で真の責任を感じ、それを実行する勇気をもとう。」 - 創立者 関根正巳『JOINT』昭和45年11月9日号 Response 技術を応用し、人類の進歩を実現するには? 地域社会に愛され続ける企業になるには? 自然環境に負荷をかけない工場になるには? Future 働く人がいききと活躍できるようにするには? 業界全体の持続的な発展に貢献するには

先へ先へと心を配り、問題を感じ取り、「それならばこうしてみよう」と、いつも未来を向いてレスポンス(応答)する。それがニッコールグループのCSRです。

日本語で「責任」と訳される"Responsibility"の意味は、"Response"。 つまり「応答する」「声をかけ合う」ということだと創立者、関根正巳は言います。

問題が起こってから取るものではなく、 先へ先へと細かく心を配り、問題が起こらないように、 もっと良い未来になるように、声をかけ合って対応していくことが、「真の責任」だと語っています。それを果たすことが仕事そのものだと。

CSR(corporate social responsibility)という言葉のない頃から、私たちの働き方には、そんな未来型の責任意識が息づいています。一人ひとりが未来への感受性を大事にして、行動でレスポンスする。

ニッコールグループがこれまで続けてきたことに加え、新たな取り組みも始めています。

私たちの取り組み

  • 日光ケミカルズ株式会社

    ガーナでの女性の自立支援など、人の能力や創造性の発揮を支援しています。

  • 日本サーファクタント工業株式会社

    廃棄物の削減や省エネ、石油化学原料から再生可能資源への転換を推進しています。

  • 株式会社ニコダムリサーチ

    データの取り扱いや解析の客観性など品質管理を徹底しています。

  • ベルジュラックジャポン株式会社

    環境負荷の低減に取り組むとともに、女性が活躍できる環境づくりを推進しています。

  • 株式会社コスモテクニカルセンター

    社員一人ひとりが創造性を存分に発揮し、研究開発を通じて『新たな付加価値』を創造していきます。

  • さらに詳しく
今までの事業の枠を超え、人類の進歩に貢献する取り組みにも挑戦しています
・宇宙空間での生活環境を向上させるために
・泥汚れが付着した文化財の修復のために
さらに詳しく

持続可能な社会の実現への貢献

ニッコールグループでは持続可能な開発目標(SDGs)の達成に貢献すべく、事業活動を通じ9つの重要課題への取り組みを推進していきます。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOAL

  • 3.すべての人に健康と福祉を
  • 4.質の高い教育をみんなに
  • 5.ジェンダー平等を実現しよう
  • 8.働きがいも経済成長も
  • 9.産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 12.つくる責任つかう責任
  • 13.気候変動に具体的な対策を
  • 16.平和と公正をすべての人に
  • 17.パートナーシップで目標を達成しよう

企業情報

  • 日光ケミカルズとは
  • 製品一覧
  • 界面・コロイド化学とは
  • ニッコールグループ
  • 環境への取り組み
界面・コロイド化学領域のビジネス支援サイト<ケミナビ>へ
▲ページTOPへ