NIKKOL GROUP リスクマネジメント

基本的な考え方

NIKKOL GROUPは、世界中のお客様に安心・安全な製品を安定的に供給することに努めています。しかしながら、社会的環境の急激な変化や自然災害等による事業への影響は近年ますます大きくなっています。
そこで、NIKKOL GROUPでは、グループ本部である日光ケミカルズを中心として、グローバルな視点からリスクの全体像を的確・迅速に把握し、グループ会社が連携して、事業を推進しています。

リスクマネジメント

「平常時」においては、リスク対応関連部署がリスクを軽減するために諸々の業務を行っており、また、各社の取締役会が毎年リスク・アセスメントを実施し、その結果を踏まえて対応策を検討しています。さらに、各社の対応策をグループで共有し、グループ全体のリスク軽減に努め、事業継続計画(BCP)運用・管理において連携しております。

「平常時」の危機管理体制

  • グループ本部(日光ケミカルズ)
    の取締役会
  • ↑定期報告
  • グループ本部(日光ケミカルズ)
    の危機管理委員会事務局
  • ↕定期報告&運用管理
  • グループ各社
    日光ケミカルズ(株)
    および各拠点
    日本サーファクタント工業(株)
    および各事業所
    NIKKO CHEMICALS
    (SINGAPORE) PTE.LTD.
    (株)ニコダームリサーチ
    日光化学貿易(上海)
    有限公司
    ベルジュラック ジャポン(株)

クライシスマネジメント

「非常時」に際しては、非常事態発生会社の単独の対策に加え、グループ全体のクライシスと捉え、グループ本部に危機管理委員会を直ちに開催し、グループ本部および他のグループ各社の支援並びに情報共有を図り、必要な対策を行います。

「非常時」の危機管理体制

  • グループ本部(日光ケミカルズ)
    の取締役会
  • ↓権限委譲
  • グループ本部(日光ケミカルズ)
    の危機管理委員会事務局
    緊急対策チーム
    →↓ 指揮
  • ↑共有・報告
  • リスク・アセスメント担当
  • ↑
  • 通報窓口
  • ↑
  • グループ各社
    日光ケミカルズ(株)
    および各拠点
    日本サーファクタント工業(株)
    および各事業所
    NIKKO CHEMICALS
    (SINGAPORE) PTE.LTD.
    (株)ニコダームリサーチ
    日光化学貿易(上海)
    有限公司
    ベルジュラック ジャポン(株)

重要リスク

NIKKOL GROUPでは、様々なリスクのうち平時とは異なる突発的な状況が生じ、その結果、「通常業務が滞り会社が重大な危機に直面する状況」を「非常事態」ととらえ、非常事態を引き起こす重要リスクを、「災害」、「パンデミック」、「セキュリティインシデント」の3つの観点から検討しBCP対策を講じています。また、これらの重要リスクごとにリスク・アセスメント担当者を配置し、必要に応じてグループ本部危機管理委員会、各社危機管理委員会が開催され、迅速に必要な対策を行います。

災害 従来の地震対策だけでなくその他の自然災害、火災、二次的災害等を視野に入れた対策を強化しています。
パンデミック パンデミック(世界的流行)およびエピデミック(特定のコミュニティ内で広がる状態)の状況を把握し、人的影響やビジネスへの影響を最小限にとどめる対策を実行します。
セキュリティ
インシデント
情報流出リスクは当グループだけでなく取引先も巻き込む恐れがあるため、最重要リスクの一つとしてグループ本部のIT企画推進室が中心となってリスク発生の抑制・軽減に取り組んでいます。また、クライシス発生時には、外部機関、他部署と共にセキュリティ対応チームを組織して、影響を最小限に抑える対策を立案・実行します。

BCP(事業継続計画)

NIKKOL GROUPでは、BCP対応策を向上させるべく継続的に検討・改善を行い、グループ内の製造会社と販売会社が協力して対応しております。製造においては、日本国内の製造会社とシンガポールの製造会社が一部の製品を相互に製造補完できるグループ内の協力体制が確立しており、加えて、複数の外部委託先や相互供給先を確保することで、非常時においても安定的な製造を行うための外部との協力体制強化にも努めています。販売においては、異なる地域に複数の倉庫を確保し、安定的な在庫を保持しております。

情報管理においては、クラウド技術を活用し、継続的にお客様に価値を提供できるようなシステムを構築、維持するように努めています。

なお、グループ各社の具体的なBCP対応策は以下のとおりです。

日光ケミカルズ(株) グループ本部として、グループ全体の製造・販売・情報セキュリティのBCPを担っております。購買本部は、グループの製造会社における製造に支障が生じないように、さらには、その他の製品の安定供給のために、素材原料のセカンドソースの探索・評価・購入を行い、製品の安定調達を図っています。SCM本部は物流面での安定供給対策を立案・実行しています。
IT企画推進室は、グループ各社の情報セキュリティ対策をマネジメントしています。脅威インテリジェンスなどのサービスも活用し、クライシスが発生時の初期段階で対応できるように備えています。
日本サーファクタント工業(株) 製造設備の強化等の安全対策強化を継続的に行うことはもとより、外部の製造委託先との連携を図り、製品の安定的な製造・販売の確保に努めています。また、製品倉庫の拠点を複数有することにより、在庫を安定的に確保しています。さらに、災害等の緊急時に相互供給が可能となる相手先との関係も強化しています。
NIKKO CHEMICALS
(SINGAPORE) PTE.LTD.
アジアの拠点として、NIKKOL GROUPと連携し、BCPを実行しています。複数の製造委託先を確保し、非常時にも製造可能な体制の構築を進めており、さらに一部の重要な製品については、日本サーファクタント工業と相互補完できる製造体制をとっています。
日光化学貿易(上海)有限公司 中国の販売拠点として、日光ケミカルズを含む製造会社から調達した製品を倉庫に保管し、安定在庫を確保しています。
ベルジュラック ジャポン(株) 製造工程を分散化して緊急時に製造への影響を最小限にするための予備的製造場所を確保しています。
(株)ニコダームリサーチ 緊急時においても評価検討が可能となるように、日光ケミカルズと協力して国内外の研究機関と提携しています。

企業情報

  • 日光ケミカルズとは
  • 製品一覧
  • 界面・コロイド化学とは
  • ニッコールグループ
  • 環境への取り組み
界面・コロイド化学領域のビジネス支援サイト<ケミナビ>へ
▲ページTOPへ