沿革

会社の歩み

1946年有限会社アサヒ商会を設立
1949年株式会社日光商会に改組改称。商標NIKKOL®を使用
1964年株式会社日光商会を日光ケミカルズ株式会社に改称
1970年板橋区蓮根にニッコールテクニカルセンターならびに、物流管理センターを設置
1989年川崎市かながわサイエンスパークに製剤開発センターを開設
1994年栃木県大田原市に那須事業所を新設し、小台工場を移転
2005年日光ケミカルズ株式会社上海代表処設立
2007年 日光化学貿易(上海)有限公司設立
2009年シンガポールジュロン工業団地にNIKKO CHEMICALS SINGAPORE設立
2009年事務所を上海市成都北路に移転し、海外初となる開放研究室をオープン

製品開発の歴史

1951年【日本初】非イオン性界面活性剤の国産化
1961年【世界初】脂溶性ビタミンB6、C誘導体の開発
1961年【世界初】POE硬化ヒマシ油の注射製剤用可溶化剤の開発
1963年【世界初】単一鎖長POEアルキルエーテルの商業化
1973年【世界初】アルキルグリセリルエーテルの開発
1975年【日本初】POEフィトステロールの開発
1981年【世界初】ショ糖脂肪酸エステルによる非水乳化法の開発
1981年【日本初】水素添加レシチン("NIKKOL® レシノールシリーズ")の開発と化粧品への応用
1983年【日本初】リポソームの化粧品への応用技術開発
1986年新規美白有効成分"NIKKOL® VC-PMG"を発売
1995年優れたウォータープルーフ効果を有したO/W乳化剤"NIKKOL® ニコムルス 41"発売
1997年経皮吸収性・安定性を高めた脂溶性ビタミンC"NIKKOL® VC-IP"発売
1998年コンディショニング効果を有する頭髪製品用O/W乳化剤"NIKKOL® ニコムルス 61H"発売
1999年皮膚上で皮脂類似の構造を形成し、抗炎症・敏感肌用製剤に最適な、多機能リン脂質複合体"NIKKOL® ニコリピッド 81S"発売
2002年抗菌性乳化剤"NIKKOL® ニコガード DL"発売
2003年シリコーン油・極性油を高配合可能なW/O乳化剤"NIKKOL® ニコムルス WO"発売
2004年しわ改善、コラーゲン合成・ヒアルロン酸産生促進効果のある、"NIKKOL® トコレチノエート-10"発売
2004年耐塩性に優れた複合O/W乳化剤"NIKKOL® ニコムルス LH"発売
2004年紫外線による細胞核および、ミトコンドリア内DNAの酸化的損傷を修復する、"ULTRASOMES"を日本市場にて発売開始
2005年紫外線による皮膚細胞DNA損傷を回復させる、"PHOTOSOMES"を日本市場にて発売開始
2005年真皮繊維が細胞のヒアルロン酸産生を促進し、熱・光・酸化に対し安定なレチノール誘導体"NIKKOL® レチノール H10"発売
2006年スキンケア効果のある、複合O/W乳化剤"NIKKOL® ニコムルス LC"発売
2006年脂溶性ビタミンB6誘導体"NIKKOL® VB6-IP"発売
2006年 W/O乳化剤"NIKKOL® ニコムルス WO-NS"発売
2007年抗菌性乳化剤"NIKKOL® ニコガード 88"発売
2009年"NIKKOL® VC-IP"を新規美白有効成として許可取得
2010年IFSCC Conference 2009において「新しい抗老化・抗シワコンセプトの提案(NIKKOL® グリシン亜鉛コンプレックス)」が最優秀賞を受賞
2010年PEG FREE製剤向けに、スキンケア効果のある、複合O/W乳化剤"NIKKOL® ニコムルス LC-EF"発売
2010年水素添加大豆リン脂質レシノールシリーズに"NIKKOL® レシノール S-10 PLUS"をラインアップ
2010年Green Sustainableシリーズ"NIKKOL® GSシリーズ発売
2015年高純度アルキルリン酸"ピュアフォス"シリーズを発売

企業情報

  • 日光ケミカルズとは
  • 製品一覧
  • 界面・コロイド化学とは
  • ニッコールグループ
  • 環境への取り組み
界面・コロイド化学領域のビジネス支援サイト<ケミナビ>へ
▲ページTOPへ